歯科明徳町クリニック(秋田市の歯科医院) むしば治療、インプラント、ホワイトニング、矯正治療を中心に診療

診療メニュー

大切な歯をなくされた方へ:歯を失った場合の従来の治療法

従来、歯を失ってしまったところを補うための治療として、ブリッジや取り外しができる部分入れ歯や総入れ歯が利用されてきました。これらの方法が、多くの人間の食べることに関する機能を回復させ、活用されてきましたが、これらの方法にはそれぞれ次のような欠点があるのです。

従来のやり方その1.ブリッジ治療

ブリッジの欠点は、なんといっても、「両隣の健全な歯の寿命が縮まる」点が挙げられます。
ブリッジは、失った歯が1〜2本と比較的少ないときに行う治療法です。失った歯の隣にある健康な歯を削って支台とし、連結した人工の歯を橋のようにかけますので、
基本的には最低3本が1セットとなります。つまり、ブリッジ装着時に、当然、両隣の歯を削らなければなりません。削るとやはり歯の寿命は短くなります。
そして、装着後にも両隣の歯に負担がかかります。例えば1本歯を失った場合、前と後ろの歯を削り、3本分の噛み合わせの力を2本分で支えるために、過重負担になります。(単純計算でも1.5倍も圧力が必要)欠損が2本分であれば、さらに過重負担になる事が考えられますね。また、両隣の歯と被さっているダミーの詰め物の間の清掃が非常に困難なため、この間から虫歯や歯周病になる可能性が高まります。

PAGETOP
従来のやり方その2.義歯治療

歯を失ったときに行う治療のうち、今まで最も多かった治療は、この部分入れ歯でした。
入れ歯は、歯肉の上から歯をかぶせたりするだけですので、異物感があったり、味覚や触覚が損なわれ食事を美味しく食べられないことなどのデメリットがあります。また加齢とともに歯肉がやせ、入れ歯が合わなくなるケースも少なくありません。
このように部分入れ歯のデメリットは、「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」「顎(あご)の骨がやせることで歯並びが悪くなる」など色々とありますが、一番大きいデメリットは、「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」ことです。

PAGETOP
ブリッジや部分入れ歯治療を進めていくと・・・

部分入れ歯にしてもブリッジにしても、両隣の歯に負担をかけるリスクが高いことは、ご理解いただけたと思います。「負担をかける」とは、「両隣の歯もダメになる(=抜歯する)」ことに繋がるわけです。
つまり、部分入れ歯やブリッジが、隣の歯をダメにし、さらに大きな部分入れ歯やブリッジにすると、さらにその隣の歯がダメになる・・・。
それを繰り返すと、「総入れ歯」になってしまうわけです。
 これが、今までの歯科治療の限界でした。
「誰でも年をとれば、入れ歯になるのは仕方ないね」
と思う方が多いかもしれません。
実は、この常識は、世界(特に欧米)では、非常識なのです。
そう、その解決法が、インプラントになります。

詳しくは、「最新治療インプラント治療について」へ進んでください。

PAGETOP
診療時間・医療概要 診療時間:月、水、木、金曜日 8:30-12:30/14:00-18:00 火曜日 8:30-12:30/14:30-18:30 土曜日 8:30-12:30/14:00-17:30 休診日 : 日曜日・祝日
歯科明徳町クリニック
〒010-0875
秋田県秋田市千秋明徳町3-48
TEL:018-832-4224